筑前2


飯盛城名島城飯盛城(天拝山)許斐城福岡城

飯盛城

福津市(旧福間町)

宗像氏の居城。 許斐城の出城。 立花城に対する守りのために築かれた。

名島城

福岡市東区【最寄り】西鉄宮地嶽線名島駅

立花氏時代にも築かれていたが、本格的には小早川氏の筑前拠点として。 黒田長政の時代に手狭なため、 今の福岡城に移ることになり、廃城となる。
崇福寺に名島城の門と伝わる唐門がある。

名島城唐門

飯盛城(天拝山)

筑紫野市 【最寄り】JR鹿児島本線二日市駅

天拝(判)山はもともと菅原道真が京に戻ることが出来るように、 この山に登り天に祈ったことから命名されたとか。
戦国時代になると、筑紫氏の 勝尾城 の支城として天拝山に、高橋氏の岩屋城宝満城 に対する備えとして築かれた。飯盛城は天拝山城の砦として。
天拝山には、JR天拝山駅で降りるより、二日市駅から武蔵寺を経由して行く方が 早い。天拝山頂上で食べる梅枝餅はまた格別。
【追記】 天正14年(1586)島津氏の北進で筑紫広門の家臣帆足弾正が守っていたが、 あえなく落城した。築城時期ははっきりしない。(現地案内板より)
天拝山山頂から下り、尾根上に堀切がかすかに残っている(左端画像)。 そこを下ると、堀切2本ある本曲輪下に出る(左2画像)。 本曲輪は10mくらい登った上下2つの曲輪からなるが、余り成形もされていない。 麓へしばらく下った辺りに、武者隠しと云われる、2段の切岸があり、 切岸の内側は今ではかなり埋まってしまっているが、当時は窪みをつけて、 射撃していたらしい。


尾根上の堀切 堀切2条 本曲輪 武者隠し

許斐城

宗像市 【最寄り】鹿児島本線東郷駅

立花氏に対する宗像氏の城。この城を巡って両家で熾烈な争いが行われた。
王丸方面からの登山口は現在砂防ダム建設中となり、これ以後南の方から 回り道をしなければならなくなるらしい。
遺構としては、堀切の跡や水の手の跡である金魚池がある。


福岡城

福岡市中央区 【最寄り】地下鉄赤坂・大濠公園駅

黒田長政が築城。天守閣はあえて造ら(れ)なかった。
大手門は2000年8月不審火により燃えてしまった。 現在は警察の黄色いテープで囲われている。
崇福寺に門が移築されている。


崇福寺1
前へ 次へ

このページの著作権は、作者に帰属します。 画像などの2次利用は御遠慮下さい。


戻る
城渡りへ
トップに戻る